株式会社こびき屋

こびき屋辞典

« こびき屋辞典トップに戻る

『桁』と『梁』の定義

垂木を受ける横架材のこと。また、仕用個所により、 棟桁 (ムナゲタ)、母屋桁 (モヤゲタ)、大桁 (オオゲタ)、縁桁 (エンゲタ)、ポーチ桁、等呼び名がある。

垂木が掛からず、桁に直行する部材。妻梁 (ツマバリ)、本梁 (ホンバリ)等。

大桁

屋根に掛かる垂木を受ける材で、一番外側にある材。これより内側になると、母屋桁(母屋)となり、棟の位置にある材を棟桁(棟木)と呼ぶ。

妻梁

大桁と大桁をつなぐ梁で、一番妻側に位置する。尚、入母屋屋根の場合、妻梁に垂木が掛かるので、名称は、『妻桁』となる。

『桁』と『梁』の定義