「住まいは環境」こびき屋お客様に快適に暮らしていただくため住環境の構築をお手伝いします
「住まいは環境」という考え方 人にとって住まいは最も身近な環境である。 我々は住まいに携わる者として、再生可能な自然素材である「木」を活かし、住環境の創造に貢献する事が使命であると考えます。
こびき屋の桐材製品
太郎(床)
次郎(壁/天井)
三郎(壁/天井/押入れ)
桐の特性を考える
 桐は古くから、たんす、きり箱、下駄、琴、火鉢などに使われてきました。
 桐には特性として断熱性、熱浸透性、調湿性、柔軟性などがあります。これらの特性から桐は冬暖かく、夏涼しいと言われています。
 つまり、夏、冬それぞれの季節を快適に過ごせるのです。
▲ページの先頭へ
桐を床に使うという発想
 桐材を床に使うという発想は、住む人を重視するという考え方から産まれました。
こびき屋の発想従来、傷がつきにくいという観点から床材には、硬く冷たい木材を多く選択されていたように思います。
 しかし、足元が冷え、結果絨毯やカーペットをしいたり、スリッパを履くことが多かったようです。このためスリッパで滑ったり、つまづきやすく、高齢者にとっては危険であるといえるでしょう。
 そこで、住む人を重視するという考え方に基づき、軟らかく、調湿性があり、冬でも暖かい桐を床材に使うという発想に至りました。桐床ならば、スリッパも要らず、また、滑りにくいため、日常一番接することの多い床材としては最適であると考えます。
▲ページの先頭へ
住む人にとって優しい環境であるために
 桐材を使うためには経年変化による汚れや変色などをどう防ぐかが課題となります。
 こびき屋では課題を克服するために、変色の原因となるアクを従来の薬品を用いる方法ではなく、独自の方法で抜き、お客様に商品として提供しております。
 また、酸化や汚れが気になるお客様には、リボス自然健康塗料を塗布した商品を提供しております。
 こびき屋は木を扱うものとして、住む人にとって優しい環境であり続ける為に、最大限の努力を行った商品を提供させていただきます。
▲ページの先頭へ