株式会社こびき屋

木の語り部通信

« 木の語り部通信トップに戻る

諸刃の剣

諸刃の剣家ごと断熱材ですっぽり包み、機密性の高いサッシで囲うことが、省エネ住宅として大いにもてはやされています。

しかし、シックハウス症候群の問題から、今は換気扇の設置が義務付けられました。

神社や掘立小屋は、正に、これとは正反対の極みにある建物です。外とは壁板一枚でスカスカ、風がスースーです。しかし、今後も神官は、冬の御勤めが辛いからと、断熱材で包みサッシで囲うことはないでしょう。囲えば社は持たないからです。粗末な掘立小屋が望外に長持ちするのも、スカスカで、風通しが良いからです。又、木材は薄いほど風通しが良く、反対に丸太のままが一番風通しが悪く虫や腐れに弱いのです。

昔、斧で丸太をはつったのは、風通しを良くして、長持ちさせる為でもあったのです。

『諸刃の剣』 建物の寿命と暮らし易さ。あなたは何処で折り合いをつけますか?

世の中の事は、何分にも風通しが重要なようです。