株式会社こびき屋

木の語り部通信

« 木の語り部通信トップに戻る

桐の床『桐』は日本で古くから、箪笥、下駄、琴、火鉢等に使われ、軽くて弾力性があり、火や水に強く、虫が付きにくく寸法変化が少ない等の優れた特徴があります。

又、見た目の派手さが無く落ち着いて控えめな感じと、触ると柔らかく温もりがあることから、近年は徐々に押入れをはじめ、床、壁、天井板等の内装材としても使われています。

桐の床は、何よりも足裏の感触が良い。夏は涼しく、冬はほのかに暖かく、素足の生活が気持ち良い。

滑りにくく、転んでも怪我をせず、車椅子が使えて、介護の為のリフォームとしても最高です。柔らかさは欠点ではなく、むしろ、安全性に繋がると言う事です。

桐の床は、畳とは違う、ましてやフローリングとも違う、柔らかい光を放つ、和洋折衷の新しい床材です。